検索
  • konohark31

8月 お盆の意味

お盆というのは実は正式名称ではなく、本当の名前は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」という名前です。

盂蘭盆会は、古代イランの言語の「ウルヴァン」霊魂を意味する語源から来ており、「ウルヴァン」が大陸を通じて永い年月かけて日本に伝わって盂蘭盆会となったとの説やサンスクリット語の「アヴァランバナ」が変化して「ウランバナ」の音写により「倒懸」(とうけん)「逆さ吊りの苦しみ」の意味と訳されそれが、「苦しみを救う法要」となり、釈迦の弟子目蓮尊者が苦しみから母を救う話に由来しているという説があります。

盂蘭盆会が日本に伝わり日本各地にやり方は違えども、「お盆」と略され、東京では七月十三~十六日、その他の地域では八月十三~十六日に行われます。

年に一度、先祖・精霊・仏が現世に帰ってくる期間をお盆と呼び、ご先祖様が帰ってきたら普段はお会いできない親族家族が集まりそのご加護で日々元気で暮らしていることへの感謝の気持ちを込めて、お供え物などで供養する行事です。


この度、助成金補助金一発検索サイトを導入いたしました。

このサイト目的はあなたの顧客に有益な情報提供や顧客定着等を促進するための、

サイトです。下記コピーしてお好きに活用していただければと思います。

●貴方に最適一発検索助成金補助金➡https://jsearch.jp/search?r=housesystem

※いくつかの合格事例を共有いたします。

・夜のおじさん向け小料理屋から昼のママ友向けカフェへ

・コロナ禍事業の安定化を図るための配達飲食業へ新事業展開

・和風懐石料理店と熟成肉居酒屋から換気性に優れた焼肉店への転換

・こだわりの美容室専売商品をECサイトで提案型販売

・地下駐車場を活用したレンタルルーム事業

・ツアー観光客向け旅館から、ペット同伴での館内滞在&体験型旅館への変革

・V字回復を目指す!英会話教室が始めるオンライン日本語レッスン


閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示